スポンサーサイト

折紙図鑑 昆虫・2

Origami Insects Ⅱ) (折紙図鑑 昆虫・2) Designed by Robert J. Lang ロバート・J・ラング (アメリカ) 著...

ダンゴムシ

Pill Bugダンゴムシ(Origami Insects Ⅱ)(折紙図鑑 昆虫・2)Designed by Robert J. Langロバート・J・ラング (アメリカ) 著10.0×10.0㎝Complex Models台形分子により脚が折り出され理想のダンゴムシが誕生しています。さすがに10㎝の用紙ではきついものがありました。...

カブトムシ

Samurai Helmet Beetle素晴らしいネーミングですね。展開図を眺めているとカブトに理想的なものだと感じます。難しいと思う箇所は大きい角の先で工程94~98です。Samurai Helmet Beetleカブトムシ(Origami Insects Ⅱ)(折紙図鑑 昆虫・2)Designed by Robert J. Langロバート・J・ラング (アメリカ) 著23.0×23.0㎝Complex Models...

ゼットン

宇宙恐竜ゼットンウルトラマンより「折紙探偵団第1回コンベンション折り図集」 Designed by Seiji Nishikawa西川誠司 創作3枚複合16.0×16.0㎝ 10.0×10.0㎝ 8.0×8.0㎝...

3,「折紙探偵団56号」1999年(小松英夫氏による折り図)

Debil悪魔「折紙探偵団56号」Designed by Jun Maekawa前川淳 創作22.0×22.0㎝Complex Models小松氏による折り図が発表されたのは1999年です。丁寧なコンピューターによる折り図は感動そのものです。多くの折り紙ファンが悪魔を折り初めたのもこの頃からでしょうか?インターネット上にもちらほら見かける機会が増え参考になりました。...

2,「折紙探偵団第1回コンベンション折り図集」1995年(田中まさひこ氏による折り図)より

Debil悪魔「折紙探偵団第1回コンベンション折り図集」Designed by Jun Maekawa前川淳 創作22.0×22.0㎝Complex Models1995年待望の耳付き悪魔が折れることになり折紙探偵団の方々田中まさひこ氏に感謝です。...

1,「ビバ!おりがみ」1983年(笠原邦彦/編・著)の工程図より

“耳のない悪魔”Debil悪魔(VIBA!ORIGAMI)ビバ!おりがみDesigned by Jun Maekawa前川淳 創作22.0×22.0㎝Complex Models折り図をそのまま進めていくと耳が折り出せない。翼上端の間に耳部分が隠れているのです。耳を折るには耳の折り線が付け加えて展開図を参考に折るしか方法はない。私は当初耳なし悪魔しか折れなかった。...

前川淳氏の不滅の名作「悪魔」

「悪魔」の折り図は1,「ビバ!おりがみ」1983年(笠原邦彦/編・著)2,「折紙探偵団第1回コンベンション折り図集」1995年(田中まさひこ氏による折り図)3,「折紙探偵団56号」1999年(小松英夫氏による折り図)前川氏によると他に雑誌「サイエンス」1980年の付録に「折り紙の科学」(伏見康治監修)に完成写真と展開図が紹介されたそうです。もう一つは雑誌「EXIT」にSATANとして展開図と展開図...

テナガカミキリ

Acrocinus Longimoanusテナガカミキリ(Origami Insects Ⅱ)(折紙図鑑 昆虫・2)Designed by Robert J. Langロバート・J・ラング (アメリカ)著23.0×23.0㎝Complex Models 分り易い折り手順ですんなり仕上げまで進む。腕、触角、脚を細くするのに苦労しました。...

飛ぶセミ

用紙を最大限使用した作品だと感じます。工程48が最も大切なのか?Flying Cicada飛ぶセミ(Origami Insects Ⅱ)(折紙図鑑 昆虫・2)Designed by Robert J.Langロバート・J・ラング(アメリカ)  著23.0×23.0㎝Complex Models...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。